アジア杯は長谷部(アイントラハト・フランクフルト)が日本代表を退いて初めての国際大会だ。長く日本を支えたリーダーの穴を、同じ中盤の柴崎(青森県野辺地町出身、ヘタフェ)は感じさせない。選手代表として記者会見に臨み「監督と周りから信頼される選手になりたい。リーダーという表現が正しいかわからないが、そういうふうに自分の立場を考えている」と自覚を示した。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)