県水産賞を受賞した(左から)福田氏、横内氏、百石町漁協の木村組合長、茂浦漁港をきれいにする会の須藤会長

 県水産振興会(会長・吉田満深浦町長)は23日、青森県漁業の発展に貢献した個人・団体をたたえる2018年度の「県水産賞」を、青森市漁協前組合長の横内憲悟氏(80)=青森市、新深浦町漁協前参事の福田博明氏(60)=深浦町=と、おいらせ町の百石町漁協(木村慶造組合長)、平内町の茂浦漁港をきれいにする会(須藤十一郎会長)の2個人・2団体に贈った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)