特許を取得した輸液監視装置について説明する野坂講師

 弘前大学保健学研究科の野坂大喜講師らの研究グループは、点滴治療を受ける患者の皮膚に二つの光学センサーを張ることで血管外への点滴漏れを検知する技術を開発し、特許を取得した。野坂講師は「人手不足の医療機関や在宅医療の現場の負担軽減につながる」と期待し、医療機器メーカーらと実用化を目指す考えだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。