平田町長(左から2人目)に藤巧者の穂木を贈呈する齊藤さん(同3人目)と藤田さん(左端)。右端は福士校長

 弘前実業高校藤崎校舎の名前と魂、いつまでも-。全国唯一の「りんご科」があり多くのリンゴ生産者を輩出してきた同校舎の生徒や関係者らが21日、藤崎町役場を訪れ、同校舎で見つかったリンゴ「ふじ」の着色系色変わり品種「藤巧者(ふじこうしゃ)」の穂木を平田博幸町長に贈呈した。3月末に閉校する同校舎の生徒たちは「校舎がなくなっても、校舎で育ち校舎の名を冠したリンゴが全国に広まってほしい」と願っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)