東京都足立区のアパートで2002年12月、会社員成嶋健太郎さん=当時(23)=が殺害され、財布などが奪われた事件で、警視庁が近く、強盗殺人の疑いで40代の男を逮捕する方針を固めたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は昨年12月上旬に東京都台東区内の警察署を訪れ、事件に関与したと説明。警視庁が調べたところ、男の指紋が、現場から採取された指紋と一致した。

 男は02年12月下旬、足立区島根2丁目にあるアパートの一室で、住人の成嶋さんを殺害し、財布などを奪った疑いが持たれている。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む