「数学(2)」でセンター試験を終え、試験場を後にする受験生たち=午後2時50分、青森中央学院大学

 2019年度大学入試センター試験は20日、理科と数学の試験を行い、2日間の日程を終えた。青森県内では5市9試験場で約4千人が受験し、目立ったトラブルはなかった。受験生からは「実力を出せた」「数学が難しかった」など安堵(あんど)と戸惑いの声が交錯。国公立大学2次試験や私立大学入試に向けて気持ちを切り替える一方で、「甘い物が食べたい」とひとときの解放感に浸る生徒もいた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。