新温泉施設整備に向け、解体工事が進められる「長谷旅館」=16日、風間浦村下風呂
完成した「井上靖文学碑」の前で記念撮影する井上夫妻=1989年9月、風間浦村下風呂
井上靖が「海峡」を執筆した部屋。村は、この部屋の建材の一部を用いて新施設内に再現したい考え=2017年5月27日、風間浦村下風呂の長谷旅館

 文豪・井上靖(1907~91年)が60年以上前に宿泊し、小説「海峡」を執筆した青森県風間浦村下風呂の「長谷旅館」の解体工事が今月上旬から進められている。村は、旅館周辺に新温泉施設を整備、井上が使った部屋の建材の一部を生かして、井上文学を生んだ部屋を再現するほか、旅館に引いていたお湯も活用する構想。旅館を経営してきた三浦立博(たつひろ)さん(83)、陽子さん(81)夫妻は数々の思い出を胸に「井上先生が好きだったお湯。これからもたくさんの人に楽しんでもらえたら」と話す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)