専用のヘッドセットを装着して日本語と韓国語で会話し、テレパスの性能を確かめる金さん(右)ら=17日、青森市モヤヒルズ
複数言語に同時翻訳できるテレパス

 青森市のIT企業「フォルテ」(葛西純社長)は、多言語同時翻訳アプリ「TELEPATH(テレパス)」の開発を進めている。ネットワーク技術を活用し、1人が話した内容を同時に複数の言語に翻訳するアプリで、同社は観光やビジネスの現場での活用を見込んでいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)