記者として3年間勤めた地元のテレビ放送会社を昨年退社し、今月から公益社団法人「日本記者クラブ」事務局に勤務する杉本翔一さん(27)=青森市出身。14日の全国高校サッカー選手権決勝をスタンドから観戦し、「スポーツの力はすごい」と、かつて取材した青森山田高イレブンの活躍に感動したという。

 日本記者クラブが毎月発行する会報の編集を担当。「地方出身者として、青森だけでなく、各都道府県に目を向けて、全国、世界に発信したい。世界のいろんな人の話を聞ける現場なので、そういうものから刺激を受けて、新たな目標を見つけたい」