青森市出身の洋画家・佐藤善勇(ぜんゆう)さん(77)=八王子市在住=が、同じ主体美術協会の会員と続けている新年恒例の「〓々(ようよう)展」を銀座8丁目のギャラリーで開いた。同展は当初、7人で始まり、今回が16回目。メンバーは数年前から佐藤さんを含む3人となった。(※〓は火へんに華)

 「セザンヌの山 サント・ヴィクトワール山」「陽春の小樽運河昔日」(ともに2019年)など17点を出品。長年、冬の小樽をテーマに描き続けてきた佐藤さんは「観光地化する前の小樽に10年間通った。絵にしていないスケッチがたくさんある。まだまだ描き足りない」と、創作意欲を熱く語った。