青森労働局長の就任会見で抱負を語る瀧原章夫氏=昨年8月8日、青森市の青森合同庁舎

 厚生労働省は18日、毎月勤労統計の不正調査問題に対応するため、青森労働局の瀧原章夫局長(56)=大阪府出身=を同日付で勤労統計を担当する雇用・賃金福祉統計室に異動させる人事を発表した。瀧原氏は統計分野に精通しており、過去に担当部署に所属していた経験がある。瀧原氏は東奥日報紙の取材に応じ、最前線の現場で国民の信頼回復に取り組むことについて「微力だが、全力で取り組みたい」と抱負を述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)