八戸市少年少女発明クラブのロボットコンテストで、自作の性能を競う子どもたち

 八戸市少年少女発明クラブ(井上貫之会長)は14日、同市の「八戸ショッピングセンター ラピア」でロボットコンテストを開いた。同クラブの小中学生約30人がこれまでの学習を生かし、工夫を凝らして制作したロボットの性能や操作技術を競った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)