「思い込みではなく、改めて青函圏を見てみて」と語る山内氏

 青函トンネル開業30周年を記念し、青森県と北海道南地域の産学官でつくる青函圏交流・連携推進会議は18日、「青函圏フォーラム」を青森市のラ・プラス青い森で開いた。両地域の特色ある資源を生かした交流・連携の促進に向け、基調講演とパネルディスカッションを行った。青森県や道南の市町村、観光関係者ら約70人が参加し、青函圏の可能性について考えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)