協定を締結した(左から)飯沼氏、桜田市長、尾鷲氏
協定締結を記念して発売したイトーヨーカドーの「いかメンチ」(上)と「弘前市産りんごのあっぷにゃ」

 青森県弘前市とイトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン(ともに本社東京都)は17日、地域の活性化・市民サービス向上を目指す「地域活性化包括連携協定」を締結した。地産地消の推進や子育て・高齢者支援など10項目に連携して取り組む。協定締結を記念し、両社は地元食材を利用した新商品を発売した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)