「ロボコップ相撲」で熱戦を繰り広げる子どもたち

 青森県十和田市少年少女発明クラブ(佐々木忠一会長)は12日、同市の南コミュニティセンターでロボット競技会を開いた。クラブに所属する小中学生約60人が自作したロボットを操って各種競技に出場し、手に汗握る熱戦を繰り広げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)