青森操車場跡地への新駅設置について、速やかに県との協議に入りたいとの考えを示す小野寺市長

 青森市が、青森操車場跡地の北側に青い森鉄道の新駅を整備する方針を盛った跡地利用計画案を巡り、小野寺晃彦市長は16日の会見で、17日に開催する「市アリーナプロジェクト有識者会議」で意見を聞いた上で、「速やかに県との正式協議に入りたい」と述べた。「跡地は住宅地の中心にあるため、新駅の利用頻度は高いのではないか」との見方も示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)