優勝を果たし、笑顔で記念写真に納まる洛南の選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バレーボールの全日本高校選手権最終日は13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで決勝が行われ、男子は洛南(京都)が清風(大阪)を3―0で破り、14大会ぶり2度目の優勝を果たした。大会は2009年までの総体の記録を引き継ぐ。女子は2連覇が懸かる金蘭会(大阪)と東九州龍谷(大分)が対戦。

 洛南は大塚、垂水の強打が有効で、守備も堅かった。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む