青森中央学院大で雑貨せっけんとキャンドルを販売する(右から)山谷さんと山崎さん
青森中央高生徒がデザインした「りんごじゃむ風せっけん」(写真上)と「林檎洋燈」

 青森中央高校総合学科美術系列の2年生13人が、雑貨せっけんとキャンドルの手作り商品を開発した。「青森をPRするデザイン」をテーマに、どんな物を作るか-からアイデアを出し合い、リンゴにこだわりながら完成にこぎ着けた。11日、同校の生徒3人が青森市の青森中央学院大学で初めて校外販売に挑戦。それぞれ24個用意した商品はわずか15分で完売し、生徒たちは顔をほころばせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)