本番に向け「白浪五人男」の稽古に励む奥内小の児童たち

 地域に長く伝わる歌舞伎を継承している青森県むつ市の奥内歌舞伎保存会(井田昌則会長)は20日、第22回新春公演を行う。「子ども歌舞伎」に出演する奥内小学校1~6年生の児童たちは「本番を成功させたい」と、冬休みの間も懸命に稽古を重ねている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)