岸壁から見送る家族らに船上から手を振り出航する生徒たち

 青森県八戸市の八戸水産高校(藤澤重信校長)の実習船「青森丸」(660トン、冨田秀一船長)が11日、ハワイ沖で行う国際航海実習のため、生徒43人を乗せて八戸港白銀埠頭(ふとう)を出港した。3月22日に帰港するまでの71日間、マグロはえ縄漁などを行い、専門的な知識や技術を深める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)