準決勝に向けた練習でロングスローを投じる青森山田のDF澤田選手=11日午前、横浜市

 ロングスローを武器に、最後の大舞台で2年間の遅れを取り戻す。第97回全国高校サッカー選手権で、12日に準決勝を戦う青森山田の3年生DF、澤田貴史選手(18)=群馬県出身=はスローインでボールをゴール前まで届けることができる同校の「3代目ロングスロワー」。5日の準々決勝ではこのロングスローを起点に2点が生まれた。長くけがに苦しんできた遅咲きの秘密兵器が、体の柔軟性に裏打ちされた遠投技術でスタンドを沸かせている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)