高橋さんが残した作品や図案がずらりと並ぶ展示会

 こぎん刺しの再興に尽力した青森県弘前市の高橋寛子さん(1925~2015年)の未公開作品などを並べた展示会「こぎん 冬の陣」が11日、同市の藤田記念庭園考古館で始まった。美しく整った約200点の作品や、モダンな印象の独特なデザイン図案に多くの来場者が見入っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)