赤く色づいたイチゴを頬張る園児たち=11日午前、南部町法光寺

 「果樹の町」として知られる青森県南部町で、温室栽培されたイチゴを楽しめる「いちご狩り」が11日、始まった。初日は町内のチェリー保育園園児19人が招待され、赤く色づいたみずみずしいイチゴを頬張った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。