大島理森衆院議長

 大島理森衆院議長は10日、玉川大(東京都町田市)で講演し、今月下旬召集の通常国会を控え、離合集散を繰り返す野党に苦言を呈した。「政党の変化があまりにも多すぎる。政党に対する国民の信頼感がなくなる」と述べた。政権与党に正面から対峙(たいじ)できる野党の存在が民主主義には不可欠だとの考えも示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)