月末最後の火曜は、東奥小中学生新聞「週刊JuniJuni」で月イチ恒例の福ロウ社会科見学

今回は、八甲田のふもと、青森市の合子沢にある
「青森乗馬倶楽部」さんにお邪魔しちゃいました☆

市街地から車で約25分で、こんなに
大自然に囲まれた環境とはビックリ☆

敷地内には、広々とした放牧地が広がり☆


乗馬体験やレッスンも実施している馬場や、
馬たちが暮らす「厩舎」などがあるんです☆

早速、お馬さんたちに歓待を受ける福ロウ☆

どうもどうも☆




この抜群の環境に、大きい馬から小さいポニーまで、常時12頭ものお馬さんが☆



1回からの気軽な乗馬体験から、公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会
認定の「ライセンスコース」まで、さまざまな人に乗馬の機会を提供☆


「馬とふれ合いたい」「乗馬の基礎知識を身につけ、
一人で乗れるようになりたい」など目的も人それぞれ☆



青森乗馬倶楽部スタッフの内山紗央里さんでっす☆

「初めまして、よろしくお願いします!」

小さい頃から動物が好きだったという
内山さんは、スタッフになって3年目☆

動物に携わる仕事を自分で探し、ここの倶楽部での
ボランティア経験を経て正式にスタッフになったそう☆


後ろで見守るのは銀河くん☆


内山さんの乗馬倶楽部でのお仕事に密着しました☆

最年長の「クアトロ」さんの厩舎です☆

「まずは小屋から馬を出します」

馬を動かす時には、無口(むくち)という
ベルトをつけて移動させるのだそう☆



ハイッ、こんな感じに繋がれました☆


お掃除が終わるまで、
ここで待っててね☆





柄の先にデカイ鋼の櫛が付いたような道具で、床の「ボロ」を手際良く集めます☆

ボロとは馬の糞のことなんでっす☆

馬小屋の床に捲かれているのは、
もみ殻とおがくずを混ぜたもの☆

櫛状のふるいにかけると、ボロや尿で固まった
おがくずなどがコロコロとボール状になるのです☆



「胃を四つ持ち、反芻して完全に消化する牛に対して、
一つの胃ですぐ消化する馬は、糞に草の繊維が残ります」


匂いもほとんどなく、栄養満点の良い肥料だから、
希望する農家などに差し上げることもあるそう☆


「集めたボロは、ボロ捨て山に運びます」

ボっ、ボロ捨て山?

敷地内にボロをためておく山があるんでっす☆

たまったボロが発酵するから、ボロ山は
じんわりホカホカあったかいのでっす☆

栄養満点のボロ山、何か植えたら、よく育ちそっ☆


     厩舎の床もきれいになりまして☆

これを12頭分、毎日午前中の
2時間ほどをかけて行うそう☆





お水も常に新しいものに交換してあげます☆

水いれもきれいに洗って、と☆

これもかなりの重労働でっす☆




そして、お馬さんたちのごはんタイム☆

「食事は1日3回、朝は7時半、昼は
11時半、夜は16時半に与えます」


乾草や穀類を一日3回、それぞれの馬の
年齢に合わせた配合で与えてるんです☆





固形の配合飼料なんかも、栄養補助的にあげるそう☆

ゆっくり噛んで食べてます☆


   

福ロウもちょっとあげてみたいってんで☆



固形飼料の「ヘイキューブ」をクアトロさんへ☆

ヘイヘイっ、ここ、ここ☆

召し上がれ☆




内山さんが他の厩舎もお掃除する間、クアトロさんは馬場でフリータイムをもらったようでっす☆

やっぱり広いところが好きみたい☆

「馬場に放すとまずは、砂の上に体をこすって
ゴロゴロするんですよ。見ててください」


ゴロゴロポジションを模索中・・・☆



ややっ☆






うわわっ、勢いのある体スリスリ、ゴロゴロタイム☆


これまた、珍しい光景が見られちゃいました☆



厩舎の掃除が終わると、お馬さんたちのお手入れタイム☆

お手入れモデルは、前髪パッツンキャラの
「天空」さんにお願いしよかと思いましたが☆

やっぱ、ゴロゴロ後の砂をとってあげなきゃってんで、
またまたクアトロさんにしちゃいまっす、ご勘弁っ☆




それでは、馬のお手入れタイム、実演でっす☆

「これが馬のお手入れ用のブラシです」

砂やおがくずなど、体についた汚れを
ブラッシングで取っていくわけですね☆

右の円い道具は、ブラシ側についた砂を払うもの☆


「馬のお手入れのときの注意点は、できるだけ肩の周りに身を置くようにすることです」

   馬はおとなしい動物ですが、音に敏感で
   臆病なので、驚かさないことが大切☆

   顔のまわりやお尻の近くは、噛まれたり
   後ろ脚で蹴られたりするので要注意☆




足元まで丁寧にブラシ掛け☆

「万が一、馬が急に暴れても避けられるように、
膝を立てた体勢でブラッシングをします」


確かに、しゃがんで作業しているときに
馬が動いたら、転んだり踏まれたりして危険☆


馬は、音に敏感だから、大きな音を立てたり、急に近付いたりはNG☆

馬が落ち着いているか、不安を感じているかは「耳」で判断できるそう☆

耳を両側に開いているのは、安心しているとき☆
耳をくるくる動かしているのは、警戒しているとき☆

「馬の気持ちをいつでも観察することが大切なんです」



さて、最後は蹄のお手入れでっす☆

「鉄爪(てっぴ)と呼ばれる道具で、蹄の裏に詰まった
おがくずや汚物を掻き出す裏掘りという作業です」


馬にとって、蹄はとっても大切☆

汚れがたまって手入れ不足になると、蹄の病気にかかり
歩けなくなったり、ときには命に関わることもあるそう☆




裏掘りが終わった蹄の裏、きれいになりました☆

        まだ次の作業があるんでっす☆

「蹄の乾燥を防ぐ専用の油・蹄油(ていゆ)を塗ります」



馬の爪の状態に合わせて、
丁寧に塗りこんでいきます☆

人間の爪と同じで、乾燥する冬場は時に、
ひび割れなどのトラブルに注意なのだそう☆





蹄の手入れが終わったクアトロさん、足元すっきり☆

皆さん、見て見てって感じ?


「片方に体重をかけて、休めをしている状態です(笑)」



さあ、最後はいよいよ、馬装という作業☆

「これは、馬に乗るための鞍です。鞍や手綱をつけて
人が馬に乗れるようにすることを馬装といいます」


わわっ、内山さん、鞍をラクラクと
持ってますが、意外と重いんでっす☆




         「まずは、ブランケットと呼ばれる
         パットを馬の背中にかけます」


         背中の形に沿うように、と☆




「その上に鞍をのせます、よいしょっと!」

あっという間に、軽々とのせました☆

この鞍があるから、人が安定した姿勢で乗れるってわけ☆



 続いて登場の革製の紐は「頭絡(とうらく)」☆

 馬の口にくわえさせる「ハミ」と、馬に乗る人が握る
 「手綱」が繋がっているセットが頭絡と呼ばれてます☆





クアトロがくわえているのが「ハミ」の部分☆

これが手綱に繋がってるってわけ☆

頭絡をつけて、馬装は完了☆



   なんと、福ロウもレッスンを体験☆

   内山さんの指導と、大人しいクアトロの
   おかげで、初めてでもうまく乗れました☆


   レッスンに通って練習を積めば、きっと・・☆



一人で風を切れるようになれちゃうかも☆ ヨヨヨイっ☆


馬の高さから眺める、八甲田の大自然もまた格別でっした☆



元気で人懐こい馬たちが出迎えてくれる青森乗馬倶楽部

こちらは、銀河☆

ここで生まれ育った子だから、
とっても人好きなんでっす☆


福ロウにも興味津々☆



  こちらは、どさんこの血も入っているという
  ガッシリ体型の「ガーネット」、通称ガーちゃん☆

なかなか愛嬌のある子でっす☆




おやや、こちらもお仲間?

人好きのニャンコ「カルメン」さんは、
厩舎で自由気ままに暮らしているとか☆

馬とスタッフだけじゃなく、ニャンコや
看板犬たちもこの環境を満喫してるよう☆


こりゃ、動物好きにはたまらない場所でっす☆


そんな青森乗馬倶楽部では初心者向けの乗馬レッスンから、経験者向けコースまで充実☆

小学生が所属する「ポニー倶楽部」では、馬のお手入れなども習えちゃうそう☆



福ロウが追っかけている、東奥日報女性倶楽部「ジョシマル」でも定期レッスンを開催中☆

基本をマスターした会員さんを対象にした外乗ツアーも好評☆
11/5(水)の>>ジョシマル・ランチつき外乗会も要チェック☆



馬と一緒に過ごす贅沢な時間を、青森の
四季とともに体験できる青森乗馬倶楽部さん☆

非日常と思われがちな乗馬を、とても身近なものに
感じさせてくれる、素晴らしい倶楽部でっした☆


「お気軽に乗馬体験にお越しくださいね!」



そして、青森乗馬倶楽部さんから、読者プレゼントもあり☆

こちら、コナンくんと一緒にお知らせしちゃいまっす☆



小学生から大人まで、気軽に体験できる無料券を全部で10名様に☆



「①スタッフが馬を引いて乗る引き馬体験(約10分)」
または「②馬を自分で操る乗馬レッスン(約30分)」☆

各5名様、いずれか希望を書いてご応募を☆

チケット当選後は事前予約のうえ、ご来場を☆

①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号 ⑥ご希望の
コース ⑦ご意見・ご感想を書いてハガキで下記へ☆


〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 東奥日報社営業局 「福ロウ社会科見学」係まで☆

11月14日(金)必着でっす☆ 外れた方にも30名には福ロウクリアファイルを差し上げまっす☆