新人合同自主トレで投球練習をする巨人・高橋=川崎市のジャイアンツ球場

 巨人の新人合同練習が9日、川崎市のジャイアンツ球場で始まり、体調不良の2選手を除き、育成選手を含む8人が参加した。原辰徳監督ら首脳陣が見守る中、ランニングやダッシュなどで体を動かした。ドラフト1位の高橋優貴投手(八戸学院大)は「いつも以上に緊張したが、いい練習ができた」と充実感をにじませた。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)