阪神の新人合同自主トレーニングが始まり、汗を流すドラフト3位の木浪=鳴尾浜

 阪神の新人合同自主トレーニングが9日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で始まり、育成も含めた全7選手がキャッチボールやダッシュに汗を流した。3位の青森市出身・木浪聖也内野手(青森山田-亜大出、ホンダ)は「初めてなので緊張もあったが、楽しくできた」。攻守で躍動感のあるプレーが魅力で、地元の津軽弁で「応援よろしく頼むじゃ」と意気込んだ。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)