「ような」を製作するほ・だあちゃの通所者。国内外に売り出したい-と意気込む
3年がかりで完成させた「ような」。柔らかい光が特徴だ

 青森市の就労継続支援施設「ほ・だあちゃ」の障害がある通所者らが約3年をかけ、周囲の協力を得ながらティッシュペーパーで覆われた雲形のランプシェードを完成させた。どの製品も一つ一つ個性あふれた出来上がり。本人が責任を持って工程を担い、収入増にもつながるため、通所者の意欲を引き出す取り組みとして期待は大きい。製作メンバーは「世界に売り出したい」と意気込む。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)