2012年のロンドン五輪女子55キロ級で優勝し、父栄勝さん(上)を肩車して喜ぶ吉田選手

 女王・吉田沙保里選手が3歳から始めたレスリングの礎をつくったのが、元全日本王者の父で2014年3月に急逝した栄勝(えいかつ)さん=八戸市出身=だった。最大の武器で吉田選手の代名詞となったタックルは、父の厳しい指導から生まれたものだ。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)