レスリング女子で五輪と世界選手権を合わせて16大会連続世界一に輝き、2012年に国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里選手(36)=至学館大職=が8日、現役引退を明らかにした。ツイッターなどに「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断しました」と投稿し、日本レスリング協会にも引退を報告した。10日に東京都内で記者会見する。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)