青森市が2002年度から新青森駅周辺で進める石江土地区画整理事業は、22年度末の一般保留地売却期限まで4年余りとなる。全18区画中東側4区画が売れ残っているものの、駅東口には19年秋に大型ホテルが開業する予定となっている。保留地を管理・販売する石江土地区画整理事務所の担当者は「ホテルが開業すれば需要が高まり、完売へのめどが付くはず」と期待を寄せる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)