東京都足立区の事例を紹介する反町教授

 青森県は8日、子どもが出す「SOS」のサインを受け止め、自殺防止につなげるための研修会を青森市の青森国際ホテルで開いた。県内の学校関係者ら140人が参加し、学校で教えるよう努力義務が課された「SOSの出し方教育」の先進事例を学んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。