連合青森(内村隆志会長)は8日、青森市の県労働福祉会館で、2019年の春闘に向けた第1回闘争委員会を開き、春闘の賃上げ要求目標を増加率5.0%程度、月額1万1千円程度に決定した。要求目標は増加率を含め、17年から3年連続で同額。働き方改革関連法が4月から順次施行されることをにらみ、諸要求には「長時間労働の是正と均等待遇の実現」などを盛り込んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)