昨年12月13日、同じ東京・後楽園ホールのリングで白星を挙げた小山内選手(左)と佐川選手。ともにさらなる高みを目指す=今月2日、青森市

 昨年暮れの同じ日、青森市出身の同級生プロボクサー2人が東京・後楽園ホールでそろって白星を挙げた。バンタム級の小山内幹(もとき)(25)=青森北-明大出、ワタナベジム=と、フェザー級の佐川遼(24)=青森北-東京農大出、三迫ジム=の両選手。2人は中学生の頃からともに競技を続け切磋琢磨(せっさたくま)してきた。「一緒にもっと上を目指したい」と、さらなる高みを見据えている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)