ベトナムのショッピングモールで県産リンゴをPRする阿保会長(右)=2018年12月(全農県本部提供)

 青森県産リンゴのベトナム向け輸出を拡大しようと、全農県本部が同国でのPRに力を入れている。2018年は現地で販促イベントを開き、宣伝用の動画も制作した。同国にリンゴを輸出する際に必要な検疫条件が将来的に緩和されるのを見据え、青森県産の認知度を向上させるのが狙いだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)