「学ぶことが楽しい」と語る白戸さん(右)と佐藤さん。病院実習も終え、来年2月の准看護師試験に備える

 弘前市医師会看護専門学校(青森県弘前市野田2丁目)の准看護学科で、多くの社会人経験者が看護師を目指して学んでいる。2年生の白戸順子さん(43)=平川市=と佐藤智美さん(31)=弘前市=は、保育士として病院や障害児施設で働く中で、医療行為ができる看護職への思いを募らせ、社会人入試を受け入学した。この2年間、ともに弘前市内の病院で働きながら、家事や育児に、勉強や実習に奮闘してきた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。