賞状を手に喜ぶ沢山さん(左)と梅田さん

 青森県南部町の名久井農業高校園芸科学科が研究しているドローン(小型無人機)を使った果樹への溶液授粉が、15日に兵庫大学(兵庫県加古川市)で開かれた現代ビジネスプラン・コンペで最優秀賞を受賞した。16日に福島市で行われたサイエンスキャッスル東北大会でも特別賞を獲得。「研究の成果が認められてうれしかった」と二つの受賞を喜んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。