青森市教委は教職員の多忙化解消に関する指針をまとめ、25日の市教委定例会で報告した。時間外勤務の上限として「1日につき3時間、月45時間を超えない程度」との目安を提示。学校ごとに設置する校内多忙化解消委員会を毎月定期的に開催し、時間外勤務短縮に向けた対策を協議・実践することも定めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)