飲食店などの立地が進むエルム周辺。関連する求人の増加に伴い、有効求人倍率がかつてない高水準で推移している=21日午後、五所川原市唐笠柳

 五所川原公共職業安定所管内の有効求人倍率(原数値)が10月に初めて1倍を超え、同職安は23日までの取材に対し、今後も1倍前後での推移が見込まれるとの見解を示した。青森県五所川原市のエルムの街ショッピングセンター周辺の商業集積に伴い、サービス業などの求人が好調に推移していることなどが要因という。自治体関係者は「雇用の受け皿が生まれることで人口流出に歯止めがかかれば」と期待する一方、事業者からは、人手不足の深刻さを訴える声が上がる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。