グループで行った研究調査に基づき政策提言する大学生

 青森県は21日、青森市のねぶたの家ワ・ラッセで、大学生らが県基本計画の「人口減少克服」「健康長寿県」「食でとことん」の三つのプロジェクトについて研究発表や政策提言などを行う「学生発未来を変える挑戦フォーラム」を開いた。県内4大学の11グループが、アンケート結果やフィールドワークなどを基に、学生ならではのユニークな視点から取り組みの成果を発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)