三村知事(右)に賠償合意を報告する蛯名町長(中)と濱田組合長

 米軍三沢基地のF16戦闘機による燃料タンク投棄事故で、日米両政府と小川原湖漁協(東北町)の損害賠償合意を受け、東北町の蛯名鉱治町長と同漁協の濱田正隆組合長が20日、県庁を訪れ、三村申吾知事に合意を報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)