船場社長(右)から三戸リンゴについて説明を受ける高田代表取締役(中)、タイの仕入れ担当者=18日午後、三戸町梅内

 青森県三戸町で主にリンゴを生産する農業法人「丸末農業生産」(船場敏代表取締役)がタイへの輸出を試験的に始めた。東京市場などへの出荷が多くを占める「三戸リンゴ」を使って、現地の需要開拓に挑む。18日、新規取引を希望するタイの仕入れ担当者が品質確認などのため同社を訪問。「蜜が多くて大きい」と出来を高く評価した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)