県高校囲碁新人大会 前田さん(弘前2)若宮さん(青森2)V

 全国高校総合文化祭の代表選考を兼ねた県高校囲碁新人大会(県高校文化連盟主催、東奥日報社・東奥日報文化財団後援)が15、16の両日、八戸市の八戸高校で開かれた。男子Aクラス(有段)は前田陽春(ようしゅん)さん(弘前2年)、女子Aクラス(9級以上)は若宮明陽(はるひ)さん(青森2年)がそれぞれ頂点に立った。
 来年7月に佐賀県鹿島市で開かれる全国高総文祭には、若宮さんが出場を辞退したため前田さんと女子Aクラス2位の髙島寿乃さん(八戸1年)が個人戦に出場。団体戦には、男子Aクラス2位の須藤大治さん(弘前2年)と同3位の須藤大河さん(同)、女子Aクラス3位の川口明恵さん(八工大二2年)の3人で参加する。

写真を拡大 男子Aクラスで入賞した(左から)前田さん、須藤大治さん、須藤大河さん(本社撮影)
写真を拡大 女子Aクラスで入賞した(左から)若宮さん、髙島さん、川口さん(本社撮影)

 

 

 

 

 

 

 大会には県内7校から22人が出場した。前田さんは「高校最後の大会なので堅実な碁を打ちたい」、髙島さんは「ミスを減らせるように練習を頑張る」と意気込みを語った。

 ほかの入賞者は次の通り。
 ▽Bクラス(男女混合1~9級) (1)清水ひかる(八戸水産2年)(2)小山内和平(八戸工2年)(3)松川明代(八戸2年)
 ▽Cクラス(同10~14級) (1)福田晃平(八戸水産1年)(2)小笠原敦史(同)(3)葛西鉄平(八戸工1年)
 ▽Dクラス(同15~25級) (1)市川楓真(青森東1年)(2)矢野敦己(同)(3)家口康成(八戸工1年)