東奥日報杯津軽地区囲碁大会 千葉七段(青森)A優勝

 第39回東奥日報社杯争奪津軽地区囲碁大会(東奥日報社、東奥日報文化財団、日本棋院弘前支部主催)が16日、弘前市総合学習センターで開かれた。四段以上で争うAクラスは千葉信雄七段(70)=青森市=が優勝した。

Aクラス優勝
千葉信雄七段
(本社撮影)

 

 

 

 

 

 

 大会には85人が出場。参加者はAクラス、Bクラス(三段~3級)、Cクラス(4~10級)に分かれ、鍛えた腕を競い合った。Bクラスは岡本悟視二段(67)=青森市、Cクラスは島脇はるみ5級(9)=同=が制した。

Bクラス優勝
岡本悟視二段
(本社撮影
Cクラス優勝
島脇はるみ5級(本社撮影)

 

 

 

 

 

 

 各クラスの2位以下の入賞者は次の通り。
 ▽Aクラス (2)浅利真行九段(青森市)(3)佐藤響七段(弘前市)(4)小倉長之丞六段(青森市)(5)松尾敬司七段(同)
 ▽Bクラス (2)川崎昇栄初段(弘前市)(3)熊谷蒼司郎1級(同)(4)安田勉二段(板柳町)(5)佐々木哲初段(弘前市)
 ▽Cクラス (2)金澤正治3級(弘前市)(3)高橋優衣4級(青森市)(4)茂木音旺5級(秋田県大館市)(5)島田透9級(弘前市)