日本政策投資銀行東北支店は、アジア8地域と欧米豪4地域に住む海外旅行経験者を対象とした東北インバウンド(訪日外国人客)意向調査の結果を発表した。東北を知っている外国人が行ってみたい都市はアジア、欧米豪とも青森県が東北トップ。青森県の認知度は台湾で50.2%となり、3年連続で半数を超えた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。