全国高校総合体育大会(インターハイ)は5日、四国4県で、10競技を行った。主な青森県勢は、陸上男子5000メートルでジョセフ・ムイガイ(青森山田)が14分6秒90で決勝進出を決めた。ソフトボール女子では、柴田学園が3回戦に駒を進めた。カヌー女子スプリント・カヤックシングル200メートルでは山下来心(東奥義塾)が準決勝で涙をのんだ。卓球女子個人複では新山暖華・附田美瑠姫組(青森商)が3回戦敗退。バレーボール男子は、弘前工が決勝トーナメント2回戦で敗れた。フェンシング男子エペは、荒川海太(田名部)、宇恵野安次郎(黒石)がいずれも予選トーナメント2回戦で姿を消した。同女子エペでは山口直美(黒石)が予選トーナメント1回戦で敗れた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から