原爆関連の資料を見ながら、被爆体験を語る田中さん=7月27日
原爆投下後の広島市中心部。左手前は原爆ドーム=1945年10月5日(撮影・林重男、広島平和記念資料館提供)

 街はきのこ雲に覆われ、一瞬で姿を消した。1945年8月6日、田中正司さん(95)=青森市在住=は、米軍が原爆を投下した広島市にいた。命を失っていく人々の姿や焼け跡の光景は、77年たった今も鮮明に思い出せる。古里で長年にわたって被爆体験の語り部を務め、核兵器廃絶を呼びかける活動に携わってきた。「私たちの運動が、核兵器を使わせないという抑止力になっている」。そう信じ、被爆者の思いが若者たち、さらにその先へとつながっていくよう願う。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。