北陸・九州新幹線の活用や沿線の地方創生について語った藤沢氏(右)と大谷氏

 青森地域社会研究所や青森商工会議所などでつくる「あおもり新幹線研究連絡会」は8日、青森市の青森スタートアップセンターで「新幹線フォーラム」を開いた。「青森・北陸・九州 新幹線は地域をどう変えたか」をテーマに北陸と九州からそれぞれ研究者を招き、講演を行った。約30人が出席し、新幹線沿線の地域の活性化や課題について考えを深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)