中学硬式野球の「リポビタンカップ第50回日本リトルシニア日本選手権」は4日、東京都内などで3回戦を行い、青森山田は延長八回タイブレークの末、川崎中央(関東)を7-6で下し、準々決勝に進んだ。青森山田は時間切れによるタイブレークの八回表に2点を許したが、その裏に3点を返して逆転サヨナラ勝ちした。青森山田は3大会連続の8強入り。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から