コロナ収束の願いを込めて制作されたJRねぶた実行プロジェクトの大型ねぶた「鍾馗」

 今年の青森ねぶた祭に、新型コロナウイルス、ロシアによるウクライナ侵攻、沖縄の日本復帰50年など、世相を題材に反映したねぶたが出陣した。各ねぶたは「疫病に負けるな」「一日も早い平和実現を」などのねぶた師の強い思いを見物客に訴えている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。